ライティング記「【なぜ(Why)】からはじめよ。これがライティングの真髄か」

この記事は6分で読めます

お久しぶりです。気づいたら一週間……!
ちょっとリアルで忙しかったんですが、時が経つのはあっという間ですね。


それでですねー。僕はよく、自分のチャットチームや
新世界アフィリエイトが作っているチャットチームに顔を出すんですけど。
そんなかで、凄い動画を紹介してる人がいたんですよ。


その動画とは、これです。これ。
「サイモン シネック: 優れたリーダーはどうやって行動を促すか」
↓↓↓
http://www.ted.com/talks/lang/ja/simon_sinek_how_great_leaders_inspire_action.html

   ※画面右下に、nteractivetranscriptってのがあります。
     それ選ぶと、テキストに起こしたものも見れます。超便利。


いやーこれ、すっっっっっっっっっっっっっっっっっっごい……

良いですよ!


僕はこれ、ライティング論として、
ひっさびさに「頭殴られたような衝撃」を受けたし!
ガチで。
なんか、論理を飛び越えて、感情で「確かにそうだ……」と納得しちゃった感じ。


ライティングの勉強をしはじめてから「本音で書け」というものに続く
秘訣を知って以来の、2回目の衝撃です。
実に2年ぶりぐらいですかねこれ。


個人的には、ライティングセミナーとしては過去見た中でも三本の指に入りますね。
まあ、それもむべなるかなで。なんか日本でやってる有名な人のセミナーの、
大元のパクリ元だったりするそうです。これ。見たら納得しますよ。


最初1,2分で閉じようと思ったら、あっという間に18分すぎてたからね。
その後も繰り返し繰り返し見たよ。見終わった後、アマゾンで、この人の本も速攻で注文してたし。


内容はですね。ものすっごいシンプルにいうと、
「信念から語りだせ」ってことです。


で、僕の今までの「本音で語れ」っていうライティング論に。
物凄い合致する感じですね。凄いマッチする。


今までのライティング論って、結局のところ「操作」するっていう面が強いんですよねー。
買ってもらうとかいうより、買わせるというか……。
読んでもらうというより、読ませるというか。
そういうの多いと思いません?似てても違いますよねこれは。


「釣る」側面が強いっていうか……。でもさ、ブログとかね。メルマガもだけど。
何回も同じ記事とか見れるわけじゃないですか。名前が残る商売だから。
センセーショナルなタイトルで釣っても、中身がゴミだとイラッとするわけですよ。
そんなん続けば、解除するじゃないですか。僕はしますw 


だから釣りしたら、むしろ逆効果なんじゃねえのっていう。
っていうか、そういう商売したくねーなって思ってたんで。
「また」読んで欲しい。「もう一度」買って欲しいが、僕のやり方の基礎なんで。
そっちに響くテクニックを探してたりしますし。
だから、僕はセールスレター的なライティングテクは、そんなに語らないんですよね。
だけど、「本音」で語ろう、みたいなのは、最初見た時ガツーンって「これだー!」ってきたり。


で、このサイモン・シネックって人の論もそんな風に。
「操作」しない方法としてガツーンときた感じ……。
「why」から始めよってっていうんだけどね。


本や動画では、アップルがなぜあんなにも信者と呼ばれてる人を作り出せるのか。
サウスウエスト航空っていう、アメリカじゃ有名な会社があるんですけど、
なぜ後出しで金もなくスタートしたのに、一躍人気な航空会社になったのか。
そこが、凄くシンプルにかいてあります。


動画見るのが面倒な人のためにいうと、彼は「なぜ」から始めよと言います。
売りたければね。ファンを作りたいなら
「なぜ(Why)」→「どうやって(How)」→「どのように(What)」という順番で語れと。
もうちょいわかりやすく言うと
「なぜ」→「どんな手段(性能で)」→「どんなものか」になるかな。

逆に、売れない会社や人は。「どんなものか」から語るんだと、いってます。


つまり、例をだすと、売れない会社の謳い文句はこう。
「我々は、素晴らしい性能のコンピューターを作りました。
 美しいデザイン、操作方法もワンタッチ。取り扱いも簡単です。
 ――お一ついかがです?」

……もちろん欲しくならない(笑


で、売れる会社だとこう。

「私達は、現状を変えます。世界を変えます。それが我々の信条です。
 私達が世界を変える手段は、美しくデザインされ……操作もシンプル。
 そして親しみやすい製品です。
 こうして、素晴らしいコンピューターが出来上がりました。
 ――お一ついかがです?」

で、こっちのほうが全然欲しくなるよね?という事。


ちなみに、上の「良い方の例」はアップルです。
あー確かに、って思いました僕はw
商品の性能……「どんなものか」とかからはスタートしない。

まず、信念からスタートする。
信念を語り、信念を表す手段として、製品を作ったと説明し、
最後に、その製品はなにができるという順番で説明する。


アップルが売れない企業だったら。「どんなものか」からはじめる。
別に政治家でも、車のメーカーでも一緒なんだけども。
「新しいMp3プレイヤーがでました。こういう機能がついてます!新機能です!
 値段も他の会社より安いです!さあ、買いましょう!」
という感じ。
「どんなものか」から入り「なにが出来るか」へ。そして「なぜ」がない。
なぜ、その商品が作られたのか。
作り手はその商品に、どんな魂を込めたのか。
それが見えない。感じれない。あるのは売り文句だけ。


それだと、人は動かないんだよっていう。
なぜ、からスタートしないと、人は感情を揺さぶられない。
上の売り文句、全然感情には響かないですよね?論理には響いても。



でも、人が行動するのは「感情」だって意見、ライティング論で聞いた事無いですか?
人は論理では行動しないです。論理は感情の補足でしか使われない。


脳の「行動」を司る部分は、脳の「感情」を司る部分と一致してます。
そして、ここは「言語」を司ってないんですよね。
言語は、その外側にあります。
まず感情がある。そして、「その次に」言語があるんだよっていう。


いやあ、これはマジでしっくりきたなーです。
例えて言うと、恋愛ですよね。あれも販売によく例えられますけど。
あれ、「好き」「嫌い」って、最初にきますよね。
「どこが好き?」っていう論理は、その後にしかこない。
そして上手く説明できない。感情は言語を担当しないから。
「言葉にできないが、なんとなく」としか言い表さない。
好きになった後で「彼女は気立てもいいし、優しいし……まあ全部」とかなるわけです。


間違っても「彼女は気立てもいいし、優しいから……よし、好きになろう」
で、「好きになる」わけではない。そんな順番では決して起こらない。
ましてやランキングのように比較してなったりしない。販売も、同じというわけです。
でも、そういう風に売ってる企業やアフィリエイターたくさんいるけどね……。


まず感情に訴える。そのためには、「なぜ」が大事という。


なぜ作ったのか。なぜ売るのか。「理念・信念」。
それが、一番先に来るんだよと。
「商品」「商材」。それは全て「なぜ」を具現化する手段にすぎない。
人は「なぜ」を語らねばならない。


あの動画自体は、多分「リーダー論」を語ったものでしたけど、
僕は、ライティング論として、強く影響されましたねー。



自分の信念を見つめなおす、いいきっかけにもなりましたしね。

僕がそもそもお金欲しがった理由って、根本的には物欲じゃないんですよねー。
つか、物欲は殆ど無いです。趣味は本とかゲームとか。小説書くとかだし。
別にねえ。月1,2万あれば足りちゃうしなあ。食事も自炊のが好きだし。
100万稼いだところで、それが2,3万に増える程度です。
執筆にいたっては、元々無料みたいなもんだし……。
旅行とかも興味そんなにないですしね。完全にインドア派なんで。


時間もね。別にニートしてたわけですから。ありましたし。
じゃあ、なんのために脱ニートしたかったのかっていうと。
なんで稼ぎたかったかっていうと。


一番は、自分への自信のためだったと思います。


あるいは、自分自身を自分で好きになるためかな。
ニートへの風当たりって本当に強いですからね。
まーたくさんいますよ!
稼ぎがゼロってだけで、行動力もゼロで、
才能もゼロで、やる気もゼロで、真面目さもゼロなんだろ?的な。
くっだらないと思ってます。

僕は逆に、真面目であればあるほどニートになりやすいと思ってるぐらいですからね。
経験してもいない人に、一々説明はしませんけど。


でも、そうはいっても。ニートのまま吠えたって、説得力ないんですよね。
変な言い方ですけど、ニートはダメ人間じゃないと言うには、脱ニートしないと言えない。
お金で人間は測れないというには、お金を持たないと言えない。
周りどころか、自分自身をすら、説得ができない。
そうすると、自分が嫌いになっていく。人生が真っ暗になっていく。


そこを抜け出したくて、お金や仕事を求めてましたね。


だから、自分自身を嫌いになるような事をするぐらいなら、副業でも別にしたくはないし。
したくないから、ブラック会社をやめたんだし。稼ぎの問題だけじゃなくて。
そんで、そこを重視するから、新世界アフィに「挫折回復セミナー」とかの企画たちあげて、
何回もやるみたいなことをやってんかなと今なら思います。
貴方にもそうなってほしいから、ということですね。

自信をつけるためにやってるのに、自信を取り戻す過程で、
その過程のせいで自信喪失していったら笑い話にもならないからねw



今回の動画、あるいは本は、それに気づかせてくれたんで。
凄い感謝もしてますね。
本当に良いものです。


「信頼」で売りたい人は、見ておくべきですよ。
下手な販売テクニックを超えた世界が、そこにあります。
「操作」セールスを無数に覚える前に、まずこれを踏まえておいてくださいね。
↓↓↓
http://www.ted.com/talks/lang/ja/simon_sinek_how_great_leaders_inspire_action.html







PS:
誤解されないようにいっておくけど……。
「操作」テクが要らないといってるわけじゃないぞ。
むしろ、是非覚えるべきだと思ってます。
ただたんに、それ単体は長続きしないよってだけで。

そうじゃなくて、これを前提にして更に使えば「無敵」になるから。
是非組み合わせて使うべき。
どっちかっていうんじゃなくて、両方使う。
それが一番です。



PS2:
動画見て興味覚えたら、本も買うといいです。
ただ、あえてリンクははりませんw
なんでかというと、残り2冊程度だったので……。
この記事書く前に、何人にも直接これいいよ!って進めたら
すごい勢いで在庫がなくなってしまったんで……。
一旦売り切れると、僕みたいなせどらーが平気で5倍10倍の値段つけるんで。
どうしても欲しいって人だけ、買っておいて下さい(笑

僕は速攻かって、既によみましたけどね。
多分、ライティング系でベスト3に入る本になりそうです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

    • 通りすがり
    • 2012年 6月10日

    情報商材アフィリエイトはねずみ講の匂いがして
    大嫌いですけど、地雷屋さんのブログは
    なぜか僕の感性に訴えるというか、共感できる部分が
    あってついつい覗いてしまいます。

    素晴らしい動画の紹介をありがとうございます。

    • しょうこ
    • 2012年 6月11日

    こんにちは。いつも拝見してます!

    凄いタイミングです。
    自分のショップサイトやらブログやらの改造計画中で
    ランディングページを書かねばならず
    概ね筋書きはあるものの
    どうもピンとくる書き方が出来ないな~
    と思って

    (どうしてもLPって情報商材系のを見慣れているので
    あの感じに近づいちゃいそうでちょっと嫌だな
    なんてことも思ったりして)

    あ、そう言えば地雷屋さんのブログ
    最近見てないや
    ってことで、微妙にお久しぶりなんですが
    来てみたんですよ。

    呼んでましたね。w
    「なぜから入る」
    腹に落ちました。

    ありがとうございます!!!
    本買おうかな・・・

  1.  

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール


+他ASPもろもろ140万ぐらい。

こんにちわ。見てくれてありがとうございます。

名前:地雷屋@ライティングセミナー講師


↑をクリック!

6年ニートして、人生詰んだな。でもブラック会社はもう嫌だ。
とか思ってたある日、ひょんなことから副業やってみることに。
そしたらいつの間にかアフィだけで月85万到達したりしてました。

ネットビジネスやってみたい。でも胡散臭そう。でも興味ある。
そんな人のためのblogです。

どんな考えでブログ運営してるかは、以下を見てください。ニートややる気ないけど頑張りたい人の味方ですw

地雷屋のサポートポリシーはこちら

詳しいプロフィールはこちら!

人気ブログランキングへ

メールフォーム

地雷屋へのメールフォームはこちら!

購入者専用ページ

購入者さん専用ページへ
  ※↑購入者さんのみが入れます。

地雷屋が紹介したものの感想一覧
  ※↑紹介本や、僕のつけた特典の感想などです

簡易一括レビュー

本紹介

商売に超役立つ本紹介
※コメント付きで、値段の10倍近く得する本を紹介します。商材買う前に本買おうよ。

ダイレクト出版の本一覧レビュー!
※ダイレクト出版の本をほぼ網羅して説明します。買う前に参考にしてください。

ネットビジネス初心者へ

アフィリエイトを始めたいなら?


アフィリエイト系商材はこれだけあればいいです。上画像をクリックで説明へ。

色々

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。